Twitterでも話題(?)のアパホテルプライド〈国会議事堂前〉に泊まってみた

旅行記

アパホテルの最上級ブランドである「アパホテルプライド」。今回はタイトルにもある通り「アパホテルプライド〈国会議事堂前〉」に泊まってみました。

はじめに

2020年6月14日現在、Twitterで「アパ」と入力するとなかなか興味深い結果が出てきます。

まず出てくるのが「国会議事堂」。普通の人からしたら「?」ですが、これはこれから紹介するアパホテルプライド〈国会議事堂前〉のことです。

もっとよく分からんのは「ハッテン」。何だよこれ……(困惑)

アクセス

ホテルの名前に「国会議事堂前」とついているように、国会議事堂前のすぐ近くに立地しています。

最寄り駅は「国会議事堂前駅」。とてもわかりやすい。
今まで通ったことはあっても降りたことはなかったから新鮮でした。
溜池山王駅」からも近いっぽい(というか半分同じ駅扱い?)

駅周辺はまさに「官公庁エリア!」って感じの雰囲気で、キレイに整備されていました。都心だけどうるさくなくて、住むには良さそうだと思った(てか住めるん?)
あとは警察官がとにかくたくさんいた。「何か事件?」ってくらいいたけど日本の中枢だし何が起きるか分からないからねホント。いつもお疲れさまです。

ホテルの外装・内装

国会議事堂前駅から歩くこと2分くらいで到着しました。

外装

APA HOTEL PRIDEはアパホテルの最上級ブランドという位置づけですが、パッと見た感じは他の店舗と大きく変わりません。

違うところを挙げるとすれば看板の「PRIDE」の文字とか?

玄関

しかし中に入るとアパホテルより豪華な装飾で、鳳凰の像が出迎えてくれました。(鳳凰じゃなかったらごめん……)

シャンデリアなんかもあります。

エレベーター

ここのホテルのエレベーターは、行き先をタッチする前にカードキーをかざす必要があったようで、少し恥ずかしい思いをしました。一部のホテルではこういうのがあったりするから注意してください。笑

廊下

通路。一部の他の店舗にもありますが、廊下の横は吹き抜けとなっており開放感があります。そしてよく声が響きます。

びっくりポイント①:部屋の前

部屋に入る前にびっくりしたのがこの
「隣の部屋近っ!?」って思いましたし実際近いと思います。

客室

客室に入ると、部屋の内装も少し豪華仕様でした。
通常のアパホテルよりも広く、ベッドの下にキャリーバッグなどを収納できるスペースもあるなど、「おっ」と思わせられました。

浴衣

浴衣がどしたん?って思われる方もいるかもしれませんが浴衣の上に着用できる羽織がついてました。羽織があると高級って感じしない???
通常のアパホテルにはなかったと思うけど、着るとすごくしっくりきたし、自分が偉くなったような気がしたので家にほしい!!!って思いました。誰か買って

テンション上がって柄にもなく自撮りしてもうた。頭のちょんまげ(?)がいい感じ

大浴場

続いては大浴場。例のハッテン疑惑のエリアです。
混雑時間に行きたくなかったので、チェックインしてすぐ入りに行きました。

テレビ画面に混雑具合が載っててGood。これはホント助かるし、全てのホテルで導入してほしい機能。

大浴場は決して広くはなかったですが、中1つと外2つの計3種類あり、ビジネスホテルの大浴場にしてはいい部類だと思いました。
箱根の温泉紹介したときも思ったけど、こういう大浴場の様子を写真などで紹介できないのがブログの弱みだなって……(まぁ動画もアウトだけど)
これについては実際に行って体験してのお楽しみ。

箱根で1番新しい温泉施設、「箱根湯寮」に行ってきた!

ホームページの写真とかで雰囲気はわかるけど、ああいうのって広角で撮られてたりすると規模感とか全然わからないから……ね。たまに「ちっさ!」ってところあるし。笑

展望デッキ

大浴場と同じ階に、リラックスできる空間がありました。

ボーッとくつろぐにはいいかも。外も眺めやすいし。

とはいえ眺めがいいかって言われたら多分そうでもないと思う(主観)
後から見返して国会議事堂が写ってるのが分かったくらい、手前の建物の存在感がありました。
蛇足だけどこのデカい建物は「衆議院第一議員会館」という建物らしく、ここに衆議院議員の多くが住んでるらしい。まぁ朝の通勤中に国会議員とかまず見かけないもんね(浅い思考)

まとめ

よかったです。流石は日本の政治の中心部にあるだけのこともあり、自分もえらくなった気分になれました。唯一欠点を挙げるとすれば外の音や、隣の部屋の出入りが結構響くことくらい。大浴場も良かったですし、リフレッシュできました。
これは余談ですが、翌日は国会議事堂周辺を散歩しました。
ちょっとした東京観光の拠点にもいいかもしれません。

(気が向いたらフォローしてね。ブログ経由でフォロワー増えたらめっちゃ喜びます)

あと一応お伝えしておきますが襲われるようなことはなかったです。ヤバそうな人もいなかったです。まぁそんなハッテンしまくってたらホテルとしても手を打たざるを得ないと思うので大丈夫だと思います。ネットの情報が独り歩きしてるだけかもしれないけど、ハッテンするなら然るべき場所でしてくれ。
というわけでここまでご覧いただきありがとうございました!

人気記事【絶景】下灘駅に行ってきました(1回は行く価値アリ)

人気記事【旅行記】日帰り箱根一人旅!【ノープラン】