Kyashは旅行に使えるか?色々試してみた(2020年版)

レビュー 旅行

還元率1%プリペイドカード、「Kyash」。
改悪されたLINE Payに代わって注目を集めているこの「Kyash」ですが、果たして旅行において実用的なのか?検証してみた。

 目次

はじめに

KYASHを知らない人に簡単に説明すると、①個人間でお金を送金できる、②VISA加盟店での買い物に使用できるアプリ(カード)です。
その特徴は何といっても還元率が2%ということ。←0.5%になりました。
公式サイトではKYASHについて次のように述べています。

めんどうな本人確認手続き不要でVisaのバーチャールカードを作れる

・クレジットカード、デビットカードを登録すればオートチャージが可能

・コンビニチャージ・セブン銀行ATMチャージ・銀行ATM(ペイジー)チャージも可能

詳しくは公式サイトをご覧ください。

①飛行機

ANA(全日空)

f:id:HinoHikari:20181030111621j:plain

飛行機は乗り物の中でも特に高額な乗り物である(LCCは除く)ため、Kyashが使えたらかなり便利……だったのですが、ANAでは使えませんでした※一部例外を除く
以前LINE Payで利用したことがあったのでちょっと残念。

f:id:HinoHikari:20200404090335j:plain

↑ちなみに使おうとするとこうなります。登録はできるけど使えません。

例外:「ANA旅作」などのパック

なお、例外として「ANA旅作」などのパックであれば使用することができました。
(2020年3月現在)

航空券と宿泊がセットでオトクになるパックです。
別々で買うよりかなり割安になることもあるので個人的にオススメ。

f:id:HinoHikari:20200404093002j:plain

↑こんな感じに使用できます。

JetStar(LCC)

使えませんでした。

②鉄道

JR(みどりの窓口・券売機)

近距離移動から長距離移動まで幅広く利用される鉄道

私の場合、今住んでいるところと実家の距離が離れていることもあり、帰省するときの金額を抑えたいと思っていたのですが……

使えませんでした(券売機・みどりの窓口ともに)

※(2019/08/03追記)新宿駅みどりの窓口で使えたというコメントをいただきました。券売機ではなく窓口であれば問題なく使えるのかもしれません。

※(2020/04/04追記)2020年3月に再検証した結果、JR東日本では使えました

f:id:HinoHikari:20200404094913j:plain

KYASHは4桁の暗証番号の登録ができないため、暗証番号が必要なものの購入はできないはずなのですが……。

また、モバイルSuicaチャージには使えるとのことなので、近距離移動での使用は問題なさそうです。詳しくは下記参照。

※ただし、モバイルSuicaへのチャージは2019年3月3日0時以降はキャッシュバックの対象外となりました。つまりポイントがつかない。何でやねん。

e5489(JR西日本ネット予約)

西日本在住の人にはお馴染みかもしれませんが、切符を購入する方法の1つにe5489を用いたネット予約があります。以下JRおでかけネットより引用

JR西日本のインターネット列車予約サービス「e5489」は、山陽・九州新幹線(新大阪~鹿児島中央)・北陸新幹線(金沢~東京)をはじめ、JR西日本JR四国JR九州エリアの特急列車(一部の快速列車含む)、また、JR東海JR東日本の一部エリアの新幹線・特急列車等をご予約いただけるサービスです。

詳しくは下記ページをご覧ください。

で、その結果ですが……

無事使えました。(2019年2月時点)

切符の受け取りには券売機を使用しますが、暗証番号は不要のため問題なく切符を受け取れました。西日本在住の人にはこれが手軽でお得かなぁと思います(学割等は使えないけど)。

スマートEX予約(JR東海新幹線ネット予約)

(2019/05/02追記)JR東海・西日本のスマートEXでも使用できました

ただし、返金などを行う場合、即時返金されるわけではないため自己責任でお願いします(これに限った話ではないですが)

えきねっと予約(JR東日本)

(2020年3月時点では)同様に使用することができました

JR九州ネット予約

(2019年3月時点では)同様に使用することができました

JR九州のネット予約は特に割引きっぷが充実しているため、九州に行く際にはぜひチェックしてみてください。

JR四国ツアー

ネット予約のできる鉄道系サイトはJR四国にもあります。

ここでも問題なく使用できました。(2019年2月現在) 

特急に乗り放題になるきっぷや宿泊付きのセット券など様々なお得なきっぷが販売されているので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

e-ロマンスカー(小田急ロマンスカー)

(2020年3月現在では)使用できました

f:id:HinoHikari:20200404100216j:plain

↑これは1月の決済の様子ですが、何でこんな立て続けに乗ったんだろう……

(↓続きます)

固定ページ: 1 2

人気記事【絶景】下灘駅に行ってきました(1回は行く価値アリ)

人気記事【旅行記】日帰り箱根一人旅!【ノープラン】