【JBL SoundGearレビュー】ウェアラブルスピーカーが想像以上に良かった話

ガジェット レビュー

 以前から気になっていたJBLのウェアラブルネックスピーカー「SoundGear」を買ってみたところ、思ってた以上に良かったという話をしていこうと思います。

ウェアラブルネックスピーカー、別名「肩掛けスピーカー」とも呼ばれるこの機器は、ヘッドホン・イヤホンに次ぐ新たな選択肢になると思っています。

SOUNDGEAR

開封

開封するとこんな感じ。Uの字型の本体がお出迎えです。
付属品は赤っぽいMicroUSBケーブルがついてました。
この記事では「何で買ってよかったか」を説明したいので、詳細は割愛します。

良かったところ

①長時間つけても疲れにくい

人によるかもしれませんが、私はイヤホンやヘッドホンよりはるかに快適でした。ヘッドホンやイヤホンだと長時間つけるとどうしても耳が痛くなったりするんですが、その点においてこれはそういうことはありません。もちろん姿勢にもよりますが、映画1本見ても問題ナシ。ただしあまりにつけすぎると肩こりになりそうなので限度はあると思いますが……。

②メガネをしていても全く気にならない

そもそもメガネと干渉することがないので、全く気になりません。
ヘッドホンではどうしても干渉してしまうので、メガネをかけてる人には特にオススメできる点でもあります。

③思った以上に音質がいい

「思った以上に」なんて言ったら悪いように思われるかもしれませんが、個人的には満足な音質でした。近いところから音が出ることもあり、映画を見るとなかなか臨場感があって楽しめます。
また、SoundGearの対抗馬としてBOSEのウェアラブルネックスピーカーも試聴しましたが、こっちは低音が本当に凄かった。凄すぎて個人的に長時間は疲れそうだと思い私は止めました。その辺は好みの問題ですので、試聴した上で決めるのがいいかもしれません。

Bose SoundWear Companion speaker

④高すぎない価格

他社製品(BOSEなど)と比べると値段は控えめなのも良いポイントかなと思います。BOSEが約3万に対してJBL SoundGearは1.5万円と半額であり、初めてでも手が出しやすい価格になっていると思いました。

イマイチなところ

①充電がやや面倒

充電する際は充電端子にMicroUSBを挿して行いますが、ちょっとだけ入れづらい。これがTypeCケーブル対応だったらよりスマートにできるのになって……。

②接続元から離れたときの音切れ

これも大した不満ではないですが、Bluetooth接続元のスマホやPCから離れたときに音がブチブチ途切れることが発生します。これはBluetooth5.0のAirPodsなどでは発生しなかったので、Bluetoothの規格の問題かなと思います。
ただし使えないレベルで不満があるわけではなく、PCの前で座って音楽聞いたり、アニメや映画を視る分には全然問題ないということを付け加えておきます。

まとめ

買ってよかったです。ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンと同じようにケーブルで悩まされることもないですし、長時間身につけても疲れにくく、音質も上々。初めての肩掛けスピーカーには良い選択肢だと思います。
充電やBluetoothの規格がちょっと古いことさえ気にならなければ買って全く問題ないと思います。今から後継機が楽しみです。

余談ですが、このブログではヘッドホン(Audio-technicaのATH-AD900X)についても書いており、閲覧数が1番多かったりします。もしよければウェアラブルスピーカーとの比較として見てみてください。

ここまでご覧いただきありがとうございました!

人気記事【絶景】下灘駅に行ってきました(1回は行く価値アリ)

人気記事【旅行記】日帰り箱根一人旅!【ノープラン】