M1チップMacBook Air(2020)の良いところ・悪いところ【購入レビュー】

ガジェット レビュー

こんにちは。ひのひかりです。久々の更新ですね。
今回は2021年1月にMacBook Air(2020年モデル)を買いましたので、良かったところと微妙に感じたところについて書いていきます。

購入の経緯

 購入を決めた理由は、これまでメインPCとして愛用してきたMacBook Air (2014年モデル)の不調、そしてノリと勢いです。要するに欲しかった
めっちゃAppleのホームページ見た。w

「開けてみるとこんな感じです〜!」みたいなやつ

良かったところ

 ここから本題に入りますが、結論から言うと「買ってよかった」です。
なお、比較対象がMacBook Air2014の11インチモデルとなってしまうことをご了承下さい(そりゃええわな……)。

①画面が綺麗

購入後まず思ったのが画面の発色の良さ。これだけで6年前のモデルとは全然違うと実感させられました。また、MBA2014では11インチ

②充電端子がType-Cとなり持ち運びやすくなった

 個人的に地味に嬉しいポイント。Androidや一部iPadなど幅広く採用されているUSB Type-Cが本機では2つ搭載されており、充電ケーブルをそれらのものと共有できるようになりました。

③音が静か

音は静か。今のところアップデート時以外で「ウォォォォン!」って音を聞いたことがないかも。

⑤地味にTouch IDが便利

 iPhone5s以降長らくiPhoneに搭載されてきたTouch IDですが、正直PCには不要と思っていました。が、ロック解除や各種ログイン時など、思った以上に役立つ場面が多かったです。それと同時に指紋認証の便利さを改めて感じました。マスクを着ける頻度が増えた現在、Face IDよりTouch IDがいいかも

悪かったところ

 正直比較対象がMBA(2014)11インチなだけあって不満はほぼないですが、ちょっと気になったところをいくつか書いていきます。

①Windowsについて

 Boot CampもしくはParallelsでMacとWindows両方動かしたかった私としては(2021年1月時点で)Windowsに対応できるかが少し気がかりです。

②MacBook Air 11インチより重い

 13インチと11インチを比べんな!って話ではありますが、持ち運ぶ際少し重くなりました。MBAの11インチ(2014)は重量が1.08kgで、今回の13インチ(2020)は1.29 kgと、200gほど重量に差があります。
しかし、横幅は4mmほどの差しかなく、奥行きも2cm程度、厚さに至っては11インチのものより薄く、外でも家でも使える絶妙なサイズだと思います。
そもそも軽さを求めるなら12インチで驚異の920gのMacBook12がありますし、バランスが取れた機種だと思います。

③Type-C製品が充実していない

 これはMBA2020というより周辺機器の話になります。MacBookの端子がType-Cとなってからしばらく経ちますが、USB Type-Aが一般化しすぎてType-Cが全然広まってないように感じています(AndroidスマホにUSB Type-Cが使われるようになり、Micro USBの数は減っているように感じますが……)
これは個人的な感想ですが、2021年になってもUSB≒Type-Aという構図は今も根強くあるように思います。別にそれが悪いとは思わないけど、充電端子の規格が統一されると便利なのになと思います。
 私は今回のM1 MacBook Air購入を機に、周辺機器のType-C統一化を目指しているわけですが、当面は様々な規格を使い分けなければいけなさそうです(というか早くiPhoneをType-Cにしてくれ……。)

↑参考までにAmazonで販売されているType-C商品ですが、従来のType-Aほど充実しておらず、価格も高い傾向にあります。まだ過渡期だからかな(?)
個人的にAnker PowerPort III Nano 20W (PD 充電器 20W USB-C 超小型急速充電器)はちょっとした外出先で重宝しています。めちゃくちゃ小さくてまぁまぁ安くてお気に入り。

おまけ①:どこで買った?

今回私はビックカメラで買いました。理由はポイント還元&在庫があったから。
価格で言えばAppleストアで買うのもAmazonで買うのも変わらないハズですが、ビックカメラだと5%ポイント還元されるんですよね。まぁビックカメラに限った話じゃなくヨドバシとかもそうだった気がしますが。
 今回私はビックカメラSuicaカードで購入しましたが、おそらくビックカメラの会員アプリを見せた後、VISA LINEpayカード(2021年3月か4月まで3%還元)で買った方が得だった気がする(注:その場合ビックカメラのポイント還元は3%となるが、LINEpayカードの3%を足すと6%となる。多分。)
1%の差なんて気にするなと言いたいところではあるけど約12万円の1%は1200円。1200円あれば普段よりちょっといいランチが食べられる。この差はでかい。

あとAmazonも検討した。が、私が見たときは在庫ナシのためスルーとなった。

おまけ②:MacBook Air(2014)について

先述の通り、買い替え前に使用していたMacBook Airは2014年モデルでした。

これは当時(2015年)にバイト代を貯めてMacBook Airの2014年モデルを購入したもので、性能的には今も(キーボードの故障を除けば)大して不満はないです。
実際ストレージは同じ256GBですし、メモリも8GBと同じで当時としては結構良いものを買ってたんですよね。w

↑当時の私も大満足の様子。w2021年も普通に使えるスペックだと思ってます。

おわりに

今後はこのMacBook Airでぼちぼち更新していけたらと思いますので、引き続きよろしくお願いします。

人気記事【絶景】下灘駅に行ってきました(1回は行く価値アリ)

人気記事【旅行記】日帰り箱根一人旅!【ノープラン】